断食の効用

ここに断食の項目があるのを不思議に思われる方もおられるかと思います。

でも断食はアンチエイジングにとっても意味のあることなのです。

たくさん栄養を取りすぎていると、不要なタンパクが、からだに溜まってしまい、正常な代謝が行えなくなるのです。

断食をするとその不要なタンパクが分解されます。

簡単に言えばからだのごみ掃除です。

このしくみをオートファジーといいます。

断食にはオートファジーを活性化する働きがあります。

東京工業大学 大隅 良典 特任教授 が『オートファジー』の研究で2016年のノーベル生理学・医学賞を受賞し、『オートファジー』の言葉が広く知られるようになりました。

さくら美容クリニック院長も10日間の断食を実践したことがあります。