腸内検査

腸の環境を良くする為には、ただヨーグルトをとっておけばよいというような単純なことではありません。

最近はLGS(リーキーガット症候群)と呼ばれる腸の壁に小さな穴が開き、本来吸収してはいけない物質が吸収されることでさまざまな異常を引き起こすことが問題となっています。

便を採取して検査することで、善玉菌や悪玉菌の状態、消化機能、炎症の有無等さまざまな情報を得ることができます。