遅延型アレルギー検査

アレルギーにはそれに接するとすぐにアレルギー症状をおこす即時型だけでなく、例えば食べ物を食べてから、かなり時間が経ってから、弱いアレルギー症状をおこす遅延型アレルギーというものがあります。

タイムラグがあることと症状自体が強いものでないため、見過ごされてしまうのです。

男子プロテニスチャンピオンのジョコビッチ選手も小麦アレルギーを著書で公開しており、それを治すことで体調が良くなり、世界チャンピオンになったことを告白しています。

ただ遅延型アレルギー検査で異常がでたから、それさえ摂らなければいいという単純なことではなく、総合的な対策が必要となります。